メニュー

  • クリニック案内
  • 診療案内
  • ドクター紹介
  • 診療時間・アクセス
  • 院長日記
  • 眼科用語集
  • リンク
  • 問診票ダウンロード

あおぞらコンタクト

  • 取扱いコンタクトレンズ
  • コンタクトQ&A

白内障日帰り手術 入院術後2~3時間程度で帰宅頂ける白内障手術

診療時間

  • 午前9:00~12:00
  • 午後4:00~7:00
  • 【休診日】日曜・祝日・土曜午後 水曜は手術日

クリニック案内

一般眼科

一般眼科

目の健康を第一に考え、患者さんができるだけ快適に過ごせる視環境を提供できるように、眼鏡やコンタクトレンズを処方し、また、視力低下の原因になる緑内障、網膜疾患などの早期発見を必要とする眼疾患の発見に努め、分かりやすい説明を心がけ、気楽に来院していただけるクリニックを目指しております。

麦粒腫・霰粒腫

ものもらい等と呼ばれる眼の周囲の腫れや痛みを伴う疾患です。
点眼薬や内服薬による治療や外科的に切開も行っています。

ドライアイ

眼の疲れや視力低下、流涙の原因にもなります。乾燥する感覚がなくてもドライアイかもしれません。

詳しくはこちら

アレルギー性結膜炎

眼の痒みや充血、眼の周りの腫れや赤み等の症状がでます。
コンタクト装用でレンズが上方にずれる場合もアレルギーが原因です。

遠視

子供の遠視は治療しなければ斜視や弱視になる可能性があります。定期的な診察や矯正用眼鏡の装用が必要です。

色覚検査

色覚に違和感を覚えた検査をしましょう。現在は学校検診で色覚検査は行われていません。

詳しくはこちら

白内障

かすみや視力低下、物がまぶしくみえる等の自覚症状があります。白内障は誰にでも起こる加齢性変化です。

緑内障検査

緑内障や糖尿病網膜症は初期の自覚症状が少なく、気が付いた時には既に手遅れになっていることも珍しくありません。
当院では最新の機器による定期的な検診により早期発見・早期対処に努めます。(OCT.前眼部OCTスキャナー紹介)
 【緑内障について・緊急緑内障手術可能の旨案内】

詳しくはこちら

糖尿病網膜症

糖尿病が疑われたら眼底検査を受けましょう。眼底はからだの中で唯一直接みることができる血管です。
糖尿病により血糖が上昇すると毛細血管が閉塞して破綻するので出血がみられます。適切な治療や管理が必要です。放置すると失明につながります。

詳しくはこちら

網膜裂孔

網膜に加齢による変化で牽引する力がかかり孔(裂孔)が形成されます。治療せずに放置すると網膜剥離に進展します。早期ならレーザー治療のみで治療できます。

眼科手術

白内障日帰り手術・フェイキックIOL・角膜乱視の矯正手術(LRI)・内皮症(逆さまつげ)・眼瞼下垂・翼状片切除・結膜弛緩症

白内障日帰り手術

最新の機器を使用し安全かつ効果的な治療を目指します。
術後、体調に異常がなければすぐに帰宅していただけます。

» 詳しくはこちら

フェイキックIOL

本年度導入予定 近視の新しい手術治療

レーザー治療

網膜裂孔、糖尿病網膜症などレーザー治療が必要な疾患に対して速やかに対応出来るよう、最新のパターンレーザー治療設備を導入しております。従来のレーザーより痛みも少なく、短時間で治療できます。

パターンレーザー眼科用レーザー光凝固装置 PASCAL Streamline

網膜裂孔や糖尿病網膜症などの治療に使われるレーザー治療装置。 一度に多数の凝固ができる最新のレーザーを導入しています。短時間で低侵襲な治療ができます。導入以来治療時の疼痛を訴える患者さんが激減しました。

yagレーザーyagレーザーの紹介

医療用レーザーでYAG と呼ばれる物質をレーザー装置で使用しており、ヤグレ-ザ-と呼ばれています。エネルギーを一点に集めることでプラズマ状態を引き起こし、衝撃を発生するという装置です。白内障の術後に起こる後発白内障や、緑内障治療で虹彩に穴を開ける場合などに使用します。

» 詳しくは最新医療機器へ

メガネ・コンタクトレンズの処方

メガネ・コンタクトレンズの処方十分な診察や検査を行い、目の健康状態を考慮した上で、最適なメガネ・コンタクトレンズを正しく処方いたします。

このページの先頭へ